予約キャンセルデータベースとは何?個人情報は問題なし?

予約キャンセルデータベースなるものが注目されているそうで・・・(◎◎)

そもそも予約キャンセルデータベースが注目されたきっかけは以下のツイートです。

居酒屋でバイトしていた私としては、無断キャンセルは本当にやめてほしい~~~(><)  

4人とかの予約でもその分の席は確保しておかないといけないから、その分お客様は入れれないし・・・。

そんな中、悩めるお店の方々によって、
作られたのが予約キャンセルデータベースなのだとか。  

予約キャンセルデータベースとは何?

では、予約キャンセルデータベースとは何なのか?についてですが、

  「予約キャンセルデータベース」とは、サイトで予約を無断でキャンセルした人を検索できるサービスとのこと。

サイトはこちら。予約キャンセルデータベース  

このサイトで出来ることは①キャンセルした人の電話番号の登録と②電話番号が登録されているか検索することの2点のみです。

検索も、入力した電話番号が、登録されているかされていないかが表示されるのみなのだそうです。

電話番号が一覧で見れると言ったことはありませんし、名前もわかりません。  

また、予約キャンセルデータベースのサイトには、以下のように記載されており、運営も登録されている電話番号はわからないとのこと。
(じゃぁ削除依頼が来たときはどうやって削除するんだろう・・・。)

尚、登録されている電話番号は暗号鍵と共に不可逆暗号化(ハッシュ化)して保存されている為、運営者サイドでも電話番号はわかりません。電話番号を直接お問い合わせされてもわかりませんので、ご了承ください。

色々工夫はされているみたいですが、連絡なしキャンセルが困るのはそうだと思うんですが、、、個人情報・個人情報言われるこのご時世。

キャンセルする人のデータを勝手にデータベースに登録して大丈夫なのか、問題にならないのか、というのは気になりるところです。。。  

スポンサーリンク


個人情報保護法で問題にならないの?

私は個人情報の専門家ではないので、Twitterとかサイトを色々調べてみて、問題なの?問題ないの?の声を集めてみました。

う~ん。「~のようだ」や「~になりうる」とか、結構グレーみたいでね。

他にも、色々なサイトを見ると、
結論としては「電話番号だけだと個人情報保護法には抵触しなさそう。でも、お客様に登録とかの合意をもらわないと問題になりそう。」といったものでした。

あと、「今は営業目的ではないからいいけど、利益を得ようとすると問題になるかも」と述べていたサイト様もありました。

なんか、、、複雑なんですね。。。

まとめ

予約キャンセルデータベースについてと、個人情報保護法には抵触しないのか、について調べてみました。

データベース化しなくても、予約キャンセルとかなくなる世の中になればいいんでしょうが、、、難しいんでしょうね(..)

最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする