ダブルカルチャーの作り方(レシピ)!味は?名前の由来も!

私今日初めて知りました、カクテル「ダブルカルチャード」!!

カルピスとビールを混ぜたお酒なのだとか。

シャンディーガフ(ジンジャーエール+ビール)は飲みやすいので、カルピスとビールもおいしそうですね~。

今回は、ダブルカルチャードの作り方(レシピ)、味、名前の由来について調べようと思います(*´ω`)

スポンサーリンク


ダブルカルチャードの作り方(レシピ)

まずは、カクテル ダブルカルチャードの作り方です!

ダブルカルチャードの材料

材料は、

・ビール

・カルピス(原液、5倍濃縮)

・レモン果汁(さっぱりさせたい方におすすめ、なくてもよい)

カルピス1に対して、ビール5~6です。

普通のカルピスを水ではなく、ビールで作る感じですね。

ダブルカルチャードの作り方

作り方は簡単!

  1. コップの1/6にカルピス入れる
  2. 冷えたビールを入れる
  3. お好みでレモン果汁を入れる

ポイントは、ビールを注ぐとき泡があふれそうになるので、複数回に分けることです。

氷を入れると、ビールの清涼感はなくなりますが、冷たい時間は長くなります!

のんびり飲みたいひとは氷を入れて楽しむとよいかもですね(*´∀`*)

氷については、ビールは入れないですが、シャンディーガフは入ってますよね。

ダブルカルチャードの味は?

味は、まずカルピスの甘さが来て、後からビールの苦さがくるのだとか。

甘いので、女性でも飲みやすそう!

おいしいのか、おいしくないのかは人によって分かれてます。

おいしい!っていう人もいれば、まずすぎ(◎◎)という人も!

ダブルカルチャードおいしい派

ダブルカルチャードまずい派

スポンサーリンク


ダブルカルチャードの名前の由来は?

最後は、カクテル、ダブルカルチャードの名前の由来です。

まず、カルピスもビールも発酵食品です!

カルピスは乳酸菌発酵。

ビールは酵母発酵。

そして、cultured(カルチャード)の意味は以下の通り。

  1. 〔動植物{どうしょくぶつ}が〕養殖{ようしょく}された、栽培{さいばい}された
  2. 《生物》〔微生物{びせいぶつ}などが〕培養{ばいよう}された
  3. 文化{ぶんか}のある、教養のある

出典:https://eow.alc.co.jp/search?q=cultured

つまり、ダブルカルチャードとは、ダブル(ビールとカルピス)で、培養された(発酵した?)カクテルという意味らしいです(*´ω`)

まとめ

今回は、ダブルカルチャードの作り方(レシピ)、味、名前の由来についてでした(*´ω`)

私は、苦いビールが苦手なので、試してみたいですね!

冷蔵庫にカルピスがあるので、今晩はダブルカルチャードを作ってみようと思います♪

最後までお読みいただきありがとうございました。

関連記事(広告含む)


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする