ホットヨガの服装にはユニクロが使える!安くてかわいいブランドウェアも紹介

ヨガ教室2

ホットヨガに行くときはどんな服装がいいのでしょう?

キャミソール?Tシャツ?

 

今回は、ホットヨガにおすすめの服装をご紹介します。

お気に入りのウェア探しの参考になると嬉しいです!

 

みんなのホットヨガウェア

選ぶ前の参考に、まずはホットヨガウェアの例を見てみましょう。

素敵なツイートがあったので、引用させてもらいました。

 

 

ここまでみんががみんなオシャレってわけではありませんが、ホットヨガの服装のイメージはこんな感じですね。

動きやすい服装です。

それでは、ホットヨガの服装選びの基本から見てみましょう。

 

ホットヨガの服装の基本

ホットヨガには専用の服がいるのでは~?と思っている方もいるかもしれませんが、ホットヨガは動きやすい服装であれば、基本的にはなんでもいいです。

でもいくつか注意点があるのでお伝えしますね。

 

Tシャツでもいい?

実際ホットヨガのスタジオに行くと、キャミソールやホットパンツが多いですね。

TシャツでももちろんOKですが、Tシャツよりはキャミソールの方が、動きやすいし、自分の

ポーズの形がわかるのでおすすめですよ。

 

体を締め付けないもの

Tシャツよりキャミソールがいいですが、体を締め付けすぎるものもよくないです。

ホットヨガは、呼吸で筋肉の緊張をほぐしていくので、締め付けすぎると筋肉が緩まりません。

 

ランニング用のウェアは、胸も固定されていいのですが、締め付けが強いですね。

 

揮発性、通気性に優れているもの

ホットヨガは大量の汗をかくので、揮発性、通気性に優れているものがいいです。

沢山汗をかきたいからと言って、汗をかきやすい服装はNG。

 

汗をかきすぎると体調を崩してしまうので要注意です。

汗のかきすぎについてはホットヨガのデメリットをご参照ください。

 

ブラとキャミが一体になっているもの

ブラが無い方が、締め付けもなく動きやすいので、ブラとキャミが一体になっているものもおすすめです。

 

動きやすいパンツ

下は、ショートパンツ、スフレパンツ、スパッツが多いです。

スフレパンツの下にスパッツを履いているかたもいますね。

結構、好みによって分かれるんですよ。

 

ただ、丈の長いジャージは開脚やマッサージがやりづらかったりするので、避けた方がいいです。

膝や股関節の動きを制限しないパンツを選びましょう。

 

例えば、こんな感じのパンツですね。

 

カプリパンツの人も結構いますね。だぼっとしていても伸縮性が高いと動きやすいです。

 

初心者におすすめのブランド

写真ヨガポーズ

 

じゃあ、それはどこで買えばいいの?

次は、ホットヨガのウェアとして利用できるおすすめのブランドをご紹介します。

ホットヨガは沢山汗をかくのでシャツの摩耗も激しいです。

安いものを何枚かそろえておくといいですね。

 

安くて動きやすい!ユニクロのエアリズム

ホットヨガにはユニクロのエアリズムがおすすめです。

エアリズムは発汗性と揮発性に優れていて、沢山汗をかくホットヨガにぴったりです。

実際にユニクロの服をウェアとして使用している方も多かったです。

 

 

ユニクロのブラトップ

ユニクロのブラトップもおすすめです。

ブラが無い方が締め付けもなく、動きやすいです。

 

特にユニクロのブラトップは、体のラインも綺麗に見せられるとヨギーニの間で話題です。

 

 

おすすめのブランドのウェア

上級者の人は、ちょっと高いけどホットヨガ専用のウェアを着ている人が多いです。

高いウェアだと、筋肉の動きも違ってきます。

もちろん手ごろな値段のブランドウェアもあるので、是非チェックしてみてください。

リアルストーン

ヨガ専用のウェアが欲しいけど、あまり高いのはちょっと…という方には、リアルストーンがおすすめです。

手ごろな値段ですが、質感がいいです。

 

 

ナイキ

ナイキのヨガウェアも人気ですね。

高そうに見えて、意外とお手頃なのが嬉しいです。

 

 

チャコット

割高ですが、かわいいと人気なのはチャコットです。

チャコットはもともとバレエ関連のお店なのですが、ヨガウェアとしても人気があります。

 

 

 

ルルレモン

ルルレモンは定番ですね。

動きやすいのはもちろん、色もかわいくて、おしゃれです。

 

 

最後に

今回は、ホットヨガの服装についてまとめてみました。
ポイントは、

  • 締め付けすぎない
  • 動きやすい
  • 揮発性、通気性に優れているもの

です。

 

是非参考にしてみてください。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

関連記事(広告含む)


関連記事(広告含む)


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>