ヒルナンデスで山田花子が挑戦した開脚ストレッチのやり方

体が硬い

ヒルナンデスで、山田花子さんと佐藤栞里さんが開脚ストレッチに挑戦していましたね。

 

お二人は、「どんなに体が硬い人でもベターッと開脚できるようになるすごい方法」の著者であるEiko先生の指導の元、開脚ストレッチを実施していました。

Eiko先生は、一日3分ストレッチを1カ月行うだけで誰でもベターッと開脚できるようになると言います。(本当か…?本当なのか…?)

 

どんなに体がかたい人でもベターッと開脚できるようになるすごい方法
by カエレバ

 

股関節が硬い私は興味津。

今回は、山田花子さんと佐藤栞里さんが挑戦していた開脚ストレッチをご紹介します。

 

開脚ストレッチの種類

まず、Eiko先生の開脚ストレッチは、基本のストレッチ2種類と、週替わりのストレッチ4種類があります。

チャレンジする一カ月間は、以下のストレッチを毎日実施します。

1週目:基本のストレッチ2種類と1週目の週替わりストレッチを毎日

2週目:基本のストレッチ2種類と2週目の週替わりストレッチを毎日

3週目:基本のストレッチ2種類と3週目の週替わりストレッチを毎日

4週目:基本のストレッチ2種類と4週目の週替わりストレッチを毎日

 

開脚ストレッチのやり方

基本の開脚ストレッチ1:タオルストレッチ

1.仰向けに寝ころがり、片方の足の裏にタオルを引っ掛けて、両手でタオルの両端を持つ。反対側の足は、ひざを立てて床に。

2.膝を伸ばしながらタオルを頭の方向に引っ張る。この時、つま先を頭の方に、かかとを天井の方に向ける。

3.足を顔の方に引き寄せ、約30秒間、「痛気持ちいい」と感じるくらい前後に揺らす。膝をまげないのがポイント。

3.反対の脚も同様に行う。

 

基本の開脚ストレッチ2:しこストレッチ

1.両足を大きく(肩幅の2倍くらい)開く。ひざとつま先を外側に向ける。

2.床と水平になるくらいまで腰を落とし、 両手膝の少し上に置く。

3.ひじを伸ばして、ひざを外側に開く。このとき上半身は少しななめ前に。

4.おしりを上下に20回揺する。

5.右肩を体の内側に入れ(右肩を床に向けてひねり)、同様に腕で太ももを押し、上下に20回ゆする。

6.左肩も同様にして上下に20回ゆする。

 

スポンサーリンク


週替わりの開脚ストレッチ1週目:内腿ストレッチ

1.脚を大きく開き、右ひざは曲げ左ひざは伸ばし、体を下に下げ、両手は床につく。(屈伸運動のような形)お尻は床につかない。

2.伸ばしている方のつま先と膝を天井方向に向ける。右ひざは外に開く。左足のふくらはぎは床すれすれまで下げる。

3.そのまま体を上下に30秒間ゆする

4.反対側も同様に30秒ゆすり、左右合わせて1分間行う。

 

週替わりの開脚ストレッチ2週目:壁ストレッチ

1.上半身を床に寝転ばせて、お尻を壁につけ、足は壁に沿わせて上にあげる。

2.壁に脚をあずけて開く。

3.約1分間、痛気持ちくらい開いた足をゆする。

 

週替わりの開脚ストレッチ3週目

1.背もたれ付きの椅子の背もたれをまたいで座る。お尻は椅子の真ん中に置く。

2.足のかかとあげ、つま先立ちをする。このとき、ひざはしっかり開く。

2.背もたれの上を持ち、上半身をそらせます。このとき、胸とお腹を張って腕を伸ばす。

3.骨盤を前に突き出すように意識して、30秒間上半身を左右に揺らす。

 

背もたれ付きの椅子が無い場合は、以下のストレッチを行う。

1.脚を開いて座り、 両手を後ろにつく。このとき手の平はべたっとつけず、少し浮かせる。

2.胸を張りながら、上半身をそらす。頭もしっかり後ろに倒す。

3.体を30秒間、左右にゆらす。

4.体の硬い人は息を吐きながら、手を前について左右に揺らす。

 

週替わりの開脚ストレッチ4週目:ドアストレッチ

1.ドアが向こう側に開く場所で脚を開いて座る。(ドアじゃなくても、壁と壁の間に空きまがあればOK)

2.両脚を壁に引っ掛けて上半身を前に倒しす。手は付ける位置で床につく。(無理な場合は、壁に両手をつく。)

3.その状態で、30秒間上半身を左右にゆする。

 

山田花子と佐藤栞里のチャレンジ結果

1カ月チャレンジした結果、佐藤栞里さんは開脚して、床に肘が付くようになっていました。

山田花子さんは、肘が床に着くまで、あと10cmというところですね。

 

でも、これだけ効果があるのはすごいですね。

さらに1カ月ストレッチを続けたら、本当にベターっと付きそうです。

 

さいごに

いかがでしたでしょうか?

股関節が硬い方は、是非チャレンジしてみてくださいね。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

スポンサーリンク


関連記事(広告含む)


 

関連記事(広告含む)


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>