私がLAVA(ラバ)からカルドに変えた理由

ピンクのブーケ

ホットヨガを始めて2年。

2年間通った LAVAから、カルドに変えました~~!

 

LAVAは居心地がいいし、インストラクターの方も大好きなんですが…カルドに変えちゃいました
(σ〃’ω’)σ

 

今回は、私がLAVAからカルドに変えた理由をまとめます。

 

  • どこのホットヨガ教室に通おうかな~
  • 今通っているホットヨガ教室から変えたいな~
  • LAVAとカルドどっちがいいの?

と思っている方は参考にしてみてください🎵

 

LAVA(ラバ)からカルドに変えた理由

そもそもLAVA(ラバ)とカルドって、同じホットヨガ教室でも特徴が全然違うんですよね!

 

詳しくは、こちらの記事

LAVAとカルドを徹底比較

を見てほしいのですが、ざっくり書くと、

  • LAVAは予約制、カルドは予約不要
  • LAVAは料金は普通、カルドは安い
  • LAVAの設備は普通、カルドは床暖房
  • LAVAはレッスンが丁寧、カルドは普通
  • LAVAの教室の広さは普通、カルドは広い
  • LAVAはめっちゃ混雑する、カルドはLAVAよりは混雑しない

です。

 

違いは色々あるんですが、私の中で大きかったのが、

カルドの方が料金が安い

予約がいらない

LAVAの混雑具合が辛すぎた

という理由です。

 

カルドの方がLAVAより料金が安い?

料金については、LAVAよりカルドの方が2,000円から4,000円安いです。

 

家計も厳しいし、どうせなら安い方がいい!

と思いました(笑)

 

あと、安いのに設備は良いし、

レッスンはLAVAの方が丁寧な気はしますが、カルドだって丁寧だし、

安いから他がダメ!みたいな点が無かったのが良かったですね。

 

 

LAVAはインストラクターの方がすごくよくって、悩んだんですが、カルドの値段にやられました(><)

 

 

カルドは予約がいらない!

あと、カルドの予約不要というのも嬉しかったです。

 

予約はwebや電話で簡単にできるので、面倒ということはないです。

じゃあ予約の何が嫌だったのか?

というと、LAVAの無断キャンセルのペナルティーがきつかったんです( ;∀;)

 

無断キャンセルって何?かというと…

LAVAのキャンセルは1時間前までなので、1時間前に急きょいけないことがわかる、もしくは、単純に忘れていたりすると、無断キャンセルとなります。

その無断キャンセルを月に2回以上すると予約が1回しかできなくなります…。

複数予約したいけどできない…。

 

キャンセルしなきゃいいじゃないか!

というと本当にごもっともなんですが、LAVA(ラバ)に通っていた時は、よくペナルティを受けていました(汗)

 

めんどうくさがりの私にとって、気が向いたときにふらりといけるカルドはありがたいのです♪

 

LAVA(ラバ)の混雑が辛い…

ラバはアットホームで素敵なホットヨガ教室です。

値段もそこそこだし、レッスンは丁寧なので初心者でも安心だし…。

 

でもだからこそ、人気すぎて人が多すぎ~!!!

 

  • シャワーは争奪戦になるし(これはカルドも多少あるけどLAVAよりはない)
  • レッスン中隣の人と手が当たるので気を使わなきゃいけないし
  • 下段のロッカーが割り当てられると人が多くて開けづらい…

 

 

リラックスしに来ているのに人が多すぎて、逆に疲れるときもしばしば。

チーン(:3 _ )=

 

人が少ない店舗だとよかったんですがね。

よく行っていた店舗は人が多い所だったのです。

 

まとめ

そんな理由で、私はLAVA(ラバ)からカルドに変えました(σ〃’ω’)σ

 

もちろん合う合わないは人それぞれなので、

カルドよりLAVAの方が合ってる!!

という人は沢山いると思います♪

 

なので、あなたがホットヨガ教室を選ぶときは実際に自分の目で見て確認してほしいですね☆

行ってみて初めて、

あれ?比較サイトを見ている時はこっちの方がよさそうと思ったのに…

なーんてことはよくあります!

 

LAVAもカルドも体験レッスンは1,000円ほどと格安ですよ(◍ ´꒳` ◍)

LAVAの体験予約はこちら カルドの体験予約はこちら

 

最後までお読みいただきありがとうございました!

関連記事(広告含む)


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>