高温期のホットヨガでの妊活は体に悪い?

白い水着の女性

ホットヨガで妊活をする人が増えています。

私はカルドに通っているのですが、カルドにも妊活で通う人が多いですね~。溶岩ホットヨガができるララアーシャに体験にいったときもインストラクターさんが「妊活でホットヨガ始める人多いですよ~」とおっしゃっていました。

 

でも、ホットヨガの妊活って体に悪くない?大丈夫?とか、

妊活の場合、高温期のホットヨガは避けた方が良いって聞いたけど…とか、

色々な噂があるので、実際のところはどうなのかを調査してみました。

 

ホットヨガの妊活は体に悪い?

ホットヨガでの妊活は体に悪いどころか、妊活に効果が期待できると言われています。体に悪いと言われているのは、高温期にホットヨガはおすすめできないと言われているから来ているのかな~と思います。

 

理由は、ホットヨガには

  • 低体温の改善
  • 骨盤のゆがみ矯正できる
  • ストレス解消で女性ホルモンを整える

といった効果が期待できるからです。

 

それぞれの効果と不妊の関係はこちらの記事に詳しく書いたので、興味があれば参照してみてくださいね。

ホットヨガが不妊治療に効果的な3つの理由

 

ただ、ホットヨガは高温多湿の空間で運動するので、体に合わずに途中でしんどくなってしまう方がいます。熱中症になる危険性や、寒暖差により自律神経が乱れる冷房病になる危険性があるのです。サウナや岩盤浴で気持ちが悪くなる方は避けた方いいかもしれませんね。ホットヨガのデメリットについては下の記事にまとめていますよ。

ホットヨガのデメリット3選!やりすぎると体調を崩す?

 

高温期はホットヨガをしない方がいい?

自然の中で瞑想

妊活をしていると、排卵から着床するまでの高温期の過ごし方がすごく気になりますよね。「栄養のある食事」や「充分な睡眠」と共に、「適度な運動」は妊娠しやすい体を作るために大切なことだと言われています。

 

ホットヨガは適度に負荷がかかって普段は体にもいいのですが、高温期は避けた方がいいと言われています。

 

なぜかというと、精子や卵子(もしくは受精卵)が熱に弱い性質があるからです。高温期は、精子や卵子、受精卵が妊娠に向けて準備されるのですが、高温期に体温を上げすぎてしまうと、体が今は着床してはいけないと判断してしまう可能性があるからです。

 

高温期にホットヨガをしても自然に妊娠したという人も多いですが、少しでも妊娠の確率を上げたい!という方は高温期は避けた方がいいと思います。後からあれが原因だったのかな?とか考えるようになるとストレスが溜まってしまうからです。

 

ホットヨガ教室には常温のヨガが充実しているところも多いので、気になる方はそのような教室を探してもいいと思いますよ。

 

排卵前後のホットヨガも注意が必要?

高温期のホットヨガのみ注意喚起しているところが多いですが、排卵前後のホットヨガにも注意が必要です。

 

排卵前後は卵胞が排卵されるのですが、激しいレッスンで腹圧をかけすぎると卵胞が壊れてしまう可能性があります。

 

排卵前後は、リラックス系のレッスンを選ぶか、ポーズを緩めることをおすすめしますよ。

 

まとめ

今回は、ホットヨガと妊活についてまとめました。

  • ホットヨガでの妊活は体に悪いという噂は嘘
  • 高温期はホットヨガを避けた方がいい
  • 排卵日前後は腹圧のかかるハードなレッスンは避けよう

 

ホットヨガはスタジオによって特徴がありますし、自分好みのスタジオを見つけるためにも体験レッスンに行ってみることをおすすめしますよ。

どのスタジオも1000円~3000円と格安で体験できます

<公式サイト集>

  • LAVA:店舗が多く通いやすいスタジオを探しやすい。レッスンが丁寧で初心者にも人気。温度・湿度はレッスンによるが平均的。
  • カルド:料金が安いうえに、設備もしっかりしている。私はカルドに通っている。温度と湿度は高め。
  • YOGA PLUS:常温ヨガが充実している。男性でも通いやすい。温度と湿度は低め。
  • BIKRAM YOGA:ストイックで本格的なホットヨガが楽しめる。男性でも通いやすいが店舗が少ない。湿度はそうでもないが温度は高め。
  • ララアーシャ:溶岩ホットヨガが楽しめると人気。少人数制なのも嬉しいが、関東にしか店舗がない。温度・湿度はレッスンによるが平均的…のはずだが、私が体験レッスンに行ったときは温度も湿度も高めだった。レッスン前の岩盤浴で体が温まったのかもしれない。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

関連記事(広告含む)


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>