エアリアルヨガの資格の種類を取得方法をわかりやすく解説

空中で行うエアリアルヨガは近年人気が高まり、資格の取得を考えている方が増えてきています。

このページでは、エアリアルヨガの資格の種類と取得方法をわかりやすく解説します。

エアリアルヨガのインストラクターを目指している方は参考にしてみてください♪

エアリアルヨガのインストラクターになるには?

まず、エアリアルヨガに限らずヨガのインストラクターになるために資格が必要なのか?というと、無資格でもインストラクターになることができます。

公的な資格があるわけではないので、資格がないからインストラクターとして働いてはいけないとうことはありません。

 

ただ、資格のあるなしにかかわらず、エアリアルヨガのインストラクターになるには、エアリアルヨガの教室に採用されなければなりません。

そのため、資格があるのと資格がないのじゃ採用のされやすさが違います。資格があるとその資格を取れる程度の知識があることがわかりますが、資格がないと一体どのくらい知識があるのかわからないからです。

なので、資格を充実させるほどインストラクターに採用される可能性はあがります。

特にエアリアルヨガは近年人気が上がっていて教室も増えているので、エアリアルヨガ専用の資格をとることは、エアリアルヨガのインストラクターになるための近道になります。

 

エアリアルヨガのインストラクターになるための資格の基本

では、エアリアルヨガの資格には

まず、ヨガの資格は、様々な団体がそれぞれの認定資格を出しています。例えば、一般的なヨガの資格としては全米ヨガアライアンスRYT200(世界70カ国以上で認知されているヨガの国際認定資格)が人気です。ほかにも、日本のヨガ団体がそれぞれ独自の資格を作っていて、有名どころだと一般社団法人全日本ヨガ協会(AJYA)や社団法人日本ヨガインストラクター協会(JYIA)が出しているヨガの資格が有名ですね。

このようにヨガには資格が色々あり、ヨガのインストラクターも複数のヨガの資格を持っていることがほとんどです。

 

エアリアルヨガの資格もいくつかの認定資格、修了資格があります。

複数資格ありますが共通していることもあり、10時間の演習で3級、20時間の演習で2級というようにどの程度の演習時間でどのくらいの級が取得できるのかが似ています。

特徴としては一般的なヨガの資格よりも短時間&安い料金で取得できる資格といえます。

 

どんな方にエアリアルヨガの資格はおすすめ?

エアリアルヨガの資格がおすすめなのは、

  1. すでに基本的なヨガの資格を持っていてステップアップとしてエアリアルヨガの資格も取りたい
  2. ヨガ初心者で何かヨガの資格を取ってみたい
  3. エアリアルヨガが好きで知識を深めたい

の3パターンです。

すでにヨガの資格を持っている方で新しいヨガ資格を探している方でエアリアルヨガの資格が気になっている方は多いです。というのは、比較的新しいヨガでまだ指導者が少ない&エアリアルヨガの教室も増えていることから需要が多くなると考えられるからです!

 

そして、そのほかにエアリアルヨガの資格は「ヨガ初心者で何かヨガの資格を取ってみたい方」にもおススメできます。

エアリアルヨガの資格はヨガ初心者の方でも受講すれば修了資格を取得することができます。20時間の講習だと5時間ずつの4日で資格を取ることができます。

他のヨガの資格を取る場合、例えば有名なRYT200の場合だと受講時間は200時間かかり、受講料金も40万円から60万円かかります。数か月単位になるので、ちょっとヨガ資格を取得してみたいなという軽い気持ちで始めるのはなかなか難しい。

ですが、エアリアルヨガの資格だと数日の講習で、履歴書の資格欄に書くことができる資格をゲットできます。

 

エアリアルヨガの資格の種類と取得方法

1:日本エアリアルヨガ協会の認定資格

おそらく一番有名なのが 一般社団法人日本エアリアルヨガ協会が出している認定資格です。資格を取った後にお仕事紹介システムに登録できますし、場合によってはそのままエアリアルヨガ協会が運営するヨガ教室に採用になったりと色々フォローがあります。

 

受講時間により取得できる資格が異なります。

資格 内容
BASIC(3級)とADVANCE(2級) インストラクターになりたい方向けの養成コース。受講内容は、ハンモックなどの器具の扱い方、90種類以上のポーズ、クラスの作り方や指導方法など。2級と3級は別々でも受講できるが、3級だけだと指導のための知識が不十分なので2級と3級セットでの受講が進められている。
PROFESSIONAL (1級) 中上級者向けのポーズ、理論学習、クラスの作り方など。↓の認定試験を受けることができるようになる。
認定試験 1級を受講すると受験できる。一般の指導だけではなく、インストラクターになりたい方向けの3級+2級の講座を開講できる。

エアリアルヨガを指導するなら、3級と2級の資格を取ればOKです。

 

それぞれの料金と講習の時間はコチラです。3級から1級までは試験等はなく、決まっている講座を受ければ修了となります。認定試験は1級を修了した後希望者のみ受験することができます。

資格 受講時間 料金
BASIC(3級) 合計20時間(5時間を4日) 通常10万円
早割9万円
ADVANCE(2級) 合計10時間(5時間を2日) 通常10万円
早割9万円
BASIC(3級)とADVANCE(2級)のセット 合計10時間(5時間を2日) 通常19万円
早割17万円
PROFESSIONAL (1級) 合計20時間(5時間を4日) 通常19万円
早割17万円
認定試験 5時間ほど(筆記、ポーズ、練習時間、模擬講座など) 3万円
(追加受験料20,000円)

※税別

全国に教室があるので迷ったらココで資格を取ればいいと思います。

受講する会場によっては、エアリアルヨガのレッスンチケット10回分が無料で付いていたりしてお得です。

公式サイト: 一般社団法人日本エアリアルヨガ協会

<口コミ感想>

内容はとても分かりやすくて、先生も1人1人親切に対応してくださいました。
単純にポーズを習うだけではなく、実践で必要な講師としての考え方や現場で役に立つ具体的ノウハウまでご教示いただけて、すでにヨガ講師として活躍されている他の受講生の方々も感心している様子でした。
ヨガ講師を目指して全米ヨガアライアンスRYT200を修了しましたが、たくさん面接を受けても経験不足で全く採用されませんでした。

その後、他にもたくさんのヨガ資格を取得したのですが、とにかくヨガ講師を目指してる人口があまりに多くなかなか機会を得ることができませんでした。
エアリアルではまだ新しいジャンルで講師も少ないということでチャンスに感じ、基礎からしっかり学びなおすために申し込みをしました。

<追記>エアリアル協会で正社員を募集していました。ヨガ経験・講師経験不問!⇒ 一般社団法人日本エアリアルヨガ協会

2:YARDエアリアルヨガの資格【東京】

YARDという都内を中心に店舗を展開しているヨガ教室でも、「YARDエアリアルヨガ講習修了証明書」をもらえます。

場所は、YARD北千住/浅草・蔵前/亀戸/清澄白河スタジオの4か所です。

講習内容は、器具の設置からレッスンの作り方まで幅広いです。

  • 器具の設置方法
  • ファブリック(布)、カラビナ、スリングなどの道具について
  • ポーズ習得(100種類以上)
  • アジャストアシスト法
  • エアリアルヨガの効果
  • 解剖生理学( 筋骨格系/ 脳 / 三半規管 など)
  • ファブリック(布)を使ったストレッチ法
  • レッスンプランニング(シークエンスの作り方)
  • レッスン実践演習(デモレッスン)

受講時間:25時間(5時間を4日)

受講料金:164,815円(税抜き)

ただし、講習の日が少ないので気になる方は早めにチェックしてみてください。

<口コミ感想>

講義を通して今迄使ったことが無い様なカラダの部分が動くようになりました。逆さになることの大切さや地上のヨガでは味わえないストレッチ法を教わり、とても充実した4日間でした。
エアリアルヨガは体験で一度した受けたことが無く、不安でしたが苦手なポーズを先生がみっちりと教えて下さり、自信を持って様々なポーズに臨めるようになりました。

公式サイト:YARD

3:y-AERの資格【名古屋】

名古屋のエアリアルヨガの専門教室である「y-AERO」でもエアリアルヨガの指導者としての修了証がもらえます。

【講座内容】
エアリアルヨガの指導者としてハンモックを用いたヨガを学びます。

  • エアリアルヨガアーサナの練習法と指導方法
  • ハンモックを使う理論を理解
  • 安全に指導し、解剖学を理解した上でのアジャスト方法
  • 自分のヨガとエアリアルヨガを融合させて指導する方法
  • 安全にハンモックや器具を使う方法
  • エアリアルヨガシークエンスの作り方
  • スタジオ運営、集客方法

スタジオ運営や集客方法があるのは特徴的ですね!

 

受講時間:25時間(5時間を4日+5時間分のエアリアルヨガのレッスンを受けること)

受講料金:160,000円(税抜き)

講習を修了した方は、「Y+AEROエアリアルヨガ指導者」としての修了証がもらえます。

こちらも講習の日が少ないので注意です。

<口コミ感想>

私にとってこの学びの時間は本当に大切な時間でした。養成講座はとても楽しくて、あっという間に過ぎて行きました。
ハンモックを使ってのポーズだけではなくて、ハンモックでの利点、アジャストの大切さ、何よりも楽しさかもしれないです。奥深く色んな事を教えて頂きました。これからもエアリアルヨガの楽しさをたくさんの方々に知って頂けるように勉強していきたいと思います。
RYT200の養成講座を終えたばかりの私にとって今回の養成講座は更に学びや知識を深めるものになりとてもステップアップになりました。それは、八重先生の「ハンモックはプロップス代わり」という考えのもと、教えていただけたからです。八重先生のヨガや解剖学、その他の学びから教えていただけることは、床でのアーサナとハンモックをつかってのアーサナ、どちらにも共通しておりとても深い学びができました。

公式サイト:y+AREO

4:【海外】Leva Aerial Yoga

ハワイやオーストラリアで取得できるエアリアルヨガの資格に「Leva Aerial Yoga」があります。たまーに日本のエアリアルヨガのインストラクターの方のなかにも持っている方がいます。

受講すれば、「Levaエアリアルヨガティーチャーズトレーニング修了」と書けますよ。

公式サイト: ​Leva Aerial Yoga Teacher Training

まとめ

このページでは、エアリアルヨガの資格の種類と取得の方法をお伝えしました。取得できる団体は複数あるので自分にあったところを探してみてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です