RYT500も取れるアンダーザライトヨガスクールの口コミ評判!料金は高い?【PR】

アンダーザライト・ヨガスクールには、一般のヨガクラスもありますがインストラクター養成コースもあります。

このページでは、アンダーザライト・ヨガスクールのインストラクター養成コースが気になる方に向けて、

  • アンダーザライト・ヨガスクールのインストラクター養成コースの口コミ評判
  • 取得できる資格と料金
  • 料金は高いのか?安いのか?
  • ヨガインストラクターになるためのアフターフォローの有無
  • アンダーザライト・ヨガスクールの書籍

などについてまとめます。

 

アンダーザライトってどんなヨガスクール?

アンダーザライトスクールは東京の渋谷区代々木にあるヨガスクールです。

特徴としては、

  • ヨガアライアンス(国際的なヨガ資格発行団体)実績No.1の正式認定校。
  • RYT200だけでなくRYT500の資格も取れる貴重な教室でRYT500の受講者は日本一。

など、実績がすごくあるインストラクター養成所です。

 

また、書籍を出版している&指導歴が長い有名講師が多数在籍しているのも特徴ですね。

出典:アンダーザライト

アンダーザライトのいい点と気になる点

まずはアンダーザライトヨガスクールのいい点と気になる点をまとめます。まずは気になる点から。

気になる点1:代々木まで通う必要がある

アンダーザライトヨガスクールは東京の代々木にしかありません。通える範囲であればいいですが、遠いと通うのがしんどいと思います。

ちなみに教室はとても綺麗です。

気になる点2:本・書籍代が別料金

コースの料金に加えて教科書代が別で必要です。1冊の料金は2千円~4千円で数冊買わなければなりません。

再受講する場合なども教科書が新しいと買う必要があります。

教科書代もコースの料金に含まれている養成所もあるので、料金を抑えたいという方は注意してください。

 

いい点1:講師が充実

講師が充実して、様々なヨガの分野のエキスパートがいます。後ろに口コミもまとめていますが、口コミで一番多かったのは「講師がすばらしい!」という声でした。

ヨガと言っても人によって得意分野や詳しい分野があり、それぞれ得意な分野のインストラクターから学ぶことができます。

一人から学ぶと知識が偏っていたりその知識が古い可能性もある、また、講師の数が多すぎると評判がすごく悪い人がいるということもありますが、ヨガワークスではそういった心配はなさそうです。

 

いい点2:1クラスの生徒数が多すぎない

1クラスの生徒数が多すぎる(100人とか)と質問ができなかったり講師が見れない生徒がいたりと、デメリットしかないです。

アンダーザライトヨガスクールは1クラスが30人以下と適度な人数に設定されているので、一人一人丁寧に教えてくれます。

またこの人数だと生徒同士が仲良くなりやすいのもいいですね。

 

いい点3:割引価格で再受講が可能

一回の授業で理解できずに再受講したいという場合、割引価格で再受講ができます。

<一括受講の場合>

  • (コース一括受講の場合)TT1からTT3:通常の受講料の70%オフ
  • (コース一括受講の場合)AMIC、ATIC、AKIC:通常の受講料の50%オフ
  • TT3の「ヨガ哲学」(全9回)のみを一括受講することも可能:価格21,000円

<ドロップインでの受講の場合>

  • TT1:6,000円/回
  • TT2:7,000円/回
  • TT3:8,000円/回 ※TT3「ヨガ哲学」のドロップインはなし。

 

いい点4:RYT500の資格も取れる

ステップアップを考えている方にとってこれは大きいです。というのは、RYT200の資格を取れる養成所は結構ありますが、RYT500を取れる養成所は少ないです。

他校でRYT200を取ってからアンダーザライトヨガスクールでRYT500を取ることもできますが、追加でレッスンを受ける必要がありその受講料が10万円以上します。

なので、RYT500の取得も考えているなら最初からRYT200もアンダーザライトで取った方が安上がりになる可能性があります。

アンダーザライトのインストラクター養成コースはネットで申し込むこともできますが、無料の説明会に行ってから申し込むかどうか検討することもできます。悩んでいる方は先に説明会に行ってみるといいですね。
⇒アンダーザライトの無料説明会に申し込む

 

実際に通っている人の口コミ評判

googlemapの口コミやフェイスブックの口コミを集めてみました。評判はすごくよくて「講師の質が高い!!」という声が一番多かったです。

毎日様々なヨガのレッスンをセレクトショップのように用意してくれているので、色んなレッスンを体験できます。どのインストラクターもレベルが高く、本物のプロだなぁと感じさせてもらえます。会員になればヨガマットも無料で貸してくれるところも有り難いです。
素晴らしい学校です。ただ、男性用の更衣室は少し狭いと思います。あと、レッスンの質は教師によって異なります。
世界中で一番好きなわが母校💕💓💗
これからヨガを始める人にも、練習を深めてヨガを続けていきたい人にもオススメです。素晴らしい先生方はもちろん、素敵な仲間との出会いも待っています!

 

 

アンダーザライトで取得できるヨガの資格と料金

  1. アンダーザライト ヨガスクール認定ヨガインストラクター
  2. 米国ヨガアライアンスRYT200(Registered Yoga Teacher 200)*要申請
  3. ヨガ安全指導員
  4. 米国ヨガアライアンスRYT500(Registered Yoga Teacher 500)*要申請

 

RYT200の料金

RYT200の取得に必要な6つの講座(TT1、TT2、TT3、AKIC、AMIC、ATIC)で講座の合計時間は200時間です。

コース 料金
TT1(初級) 129,000円
TT2(中級) 149,000円
TT3(上級) 190,500円
AKIC(解剖学・運動学コース) 50,000円
AMIC(アーサナ集中コース) 31,000円
ATIC(アジャストメントテクニック集中コース) 23,000円
上記6講座の合計 57,2500円
一括受講の場合(※ヨガ経験が2年以上必要) 499,999円

資格RYT500は取れる?料金は?

RYT500も取得できます。日本ではRYT500を取得できる養成所は少ないので貴重な教室ですね。

料金は選択する講座やアンダーザライトヨガスクールでRYT200を取得したのかどうかでかなり変わります。

安いと約70万円で高いと95万円くらいです。

出典:アンダーザライト

RYT500まで取得したい方は、RYT200もアンダーザライトヨガスクールで受ける方が結果的に安上がりになるということもあると思います。

アンダーザライトヨガスクールの料金は高い?

RYT200は他の様々なヨガ養成所でも取得でき、相場は40万円から60万円です。

アンダーザライトヨガスクールの料金はというと、約57万(一括ではない場合)+書籍代なので料金は高い方です。

ただ、ここで安いほうがいいのか?というとそうではありません。

料金が安いと、講師の質が悪い、講義の質が悪い、1クラスあたりの人数が多すぎて質問できないということが起こります。

大切なのは、料金に対して十分な価値があるのか?ということ

特にヨガの資格を取るにあたり講師は重要です。誰に教わるかによって理解度も異なりますし、授業を通して得られるものも変わってきます。

口コミや講師のラインナップをみると料金の価値はあると思いますが、その教室の雰囲気と自分が合っているかどうかは実際にアンダーザライトに行ってみないとわからないと思います。

アンダーザライトヨガスクールの説明会には無料で参加できるので、いいなと思っている方や悩んでいるという方は、説明会に参加してみるといいですよ。

⇒アンダーザライトの無料説明会に申し込む

アンダーザライトヨガスクールの場所とアクセスと電話番号

住所:〒151-0053 東京都渋⾕区代々⽊1-53-4 奨学会館別館4階

アクセス:

  • JR「代々木駅」北口より徒歩2分
  • 都営大江戸線「代々木駅」北口A3出口より徒歩2分
  • JR・京王線・東京メトロ丸の内線・都営新宿線
  • 「新宿駅」南口・甲州街道改札より徒歩5分、 新南改札より徒歩4分
  • 小田急線「南新宿駅」3分
  • バス:バスタ新宿(⾼速バス)より徒歩5分

電話番号:03-5351-5501

まとめ

このページでは、アンダーザライトヨガスクールが気になる方に向けて、

  • アンダーザライト・ヨガスクールってどんなヨガ教室?
  • 口コミ評判
  • 取得できる資格と料金
  • 料金は高いのか?安いのか?
  • アンダーザライト・ヨガスクールの書籍

についてまとめました。

最後までお読みいただきありがとうございました。

※コチラの記事はPRです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です