ララアーシャの口コミ評判!溶岩ホットヨガの効果や料金は?

花の背景

ララアーシャは、ホットヨガスタジオとしては珍しい、「溶岩」を使用したホットヨガスタジオです。店舗数は少ないのですが、口コミが高いので、通ってみたい方は多いと思います☆

今回は、ララアーシャに実際に体験に行ってきたので、ホットヨガスタジオ「Lala Aasha(ララアーシャ)」の特徴を、色々ご紹介します。

 

ヨガ子
気になるララアーシャを徹底調査したよ!

 

ララアーシャの基本概要

ララアーシャは、東京都と神奈川県を中心に展開するホットヨガスタジオです。

 

店舗の場所は?

ララアーシャの店舗は、自由が丘店、学芸大学店、日吉店、綱島店、センター北駅、元住吉店、吉祥寺、池袋店、調布店、の9店舗です。※2017年9月時点。

 

池袋店は2017年6月にオープンしたばかりで、池袋店では常温ヨガと溶岩ホットヨガが両方楽しむことができます。店舗によってレッスンの数は違いますが、どの店舗も溶岩プレートが使用されていて、レッスンは少人数です。私が体験レッスンにいった自由が丘店はレッスンの種類も数も豊富でした。

 

ララアーシャは溶岩ヨガができる珍しいホットヨガで人気も高いので、今後もっと増えていきそうですね(☆▽☆)

 

ララアーシャの料金は?

ビンに貯金

ララアーシャには、1カ月の間通い放題の「Lala会員」と、回数券で受講ができる「チケット会員」があります。

 

ヨガ子
チケット会員制は珍しいです。ホットヨガスタジオは月額制のところが多いですね。

 

料金は店舗によって異なりますが、

  • フルタイム:14,000円~
  • デイタイム:12,000円~
  • マンスリー:9,600円~
  • チケット:1回券で3,500、3回券で9,600円、6回券で18,000円、12回券で30,000円

です。

 

料金は普通より少し高いくらいですね(σ〃’ω’)σ チケット制のところだと、3000円ほどのところが多いので、チケットだと少し高いかな~と思います。

最安のカルドと比較すると高いですが、LAVAの料金が高い店舗と同じくらいです。参考までにカルドだと月に通い放題で10,000円~、 LAVAだと月に通い放題で14,000円~です。

 

でも、溶岩ヨガは設備が普通のヨガよりもかかるということを考えると、他のホットヨガスタジオと比較してもほぼ変わらない料金というのは嬉しいです(◍ ´꒳` ◍)b

 

安い店舗ほど1人のインストラクターに対して生徒の数が多くなる傾向にあるのですが、ララアーシャは1レッスン10人ほどとかなりの少人数で、初心者の人でも安心してレッスンを受けることができます。

 

 

ララアーシャのおすすめポイント

赤ちゃん喜ぶ

次はララアーシャのおすすめポイントです。

ララアーシャのおすすすめポイントはなんといっても「溶岩」が使用されていることです。

 

ネコ
ホットヨガと溶岩ホットヨガって何が違うの?

って思いますよね。

 

ホットヨガと溶岩ホットヨガの違いは汗のかきかたです。通常のホットヨガは、ヒーターで湿度を上げと湿度を高めることで、発汗を促します。対して、溶岩ホットヨガは、溶岩からでる遠赤外線で体を温めることで、自然と汗がでます。

 

同じ汗を出すという効果なのですが、実は全然違います。無理やり体を温めて汗を出させると、体に必要なミネラルも一緒に外にでてしまいます。対して自然に体が温まって出た汗は、体に必要なミネラルを含みません。

 

体のミネラルバランスを崩すことなく、ホットヨガを楽しめるというのが溶岩ヨガの魅力の一つです。

それに溶岩ホットヨガには、

  • ミネラルやマイナスイオンも一緒に吸収できるから保湿効果が高い
  • 汗の質が高く、べたべたしないさっぱりした汗がかける
  • 冷え性、不眠症、自律神経の改善に効果が高い
  • ホットヨガよりも毒素の排出量が高い

と言った沢山のメリットがあります。

 

詳しくはこちらにまとめたので気になる方は参考にしてみてくださいね。

溶岩ヨガとホットヨガの違い

 

ララアーシャの口コミ

丸とバツ

ララアーシャの口コミを調査し、良い点と悪い点をまとめました。

 

ララアーシャの良い点

インストラクターの質が高い

ララアーシャは、平均的にインストラクターの質が高いと言われています。私が体験レッスンに行った時も少人数のためか、しっかりサポートしてくれました。ポーズが変だとそっと治してくれますし、水を飲むタイミングも細かくフォローがありました。

 

LAVAやビクラムヨガだとレッスン名が同じだと、レッスンの内容(ポーズやポーズの順番)は同じですが、ララアーシャは、レッスンの名前が同じでも、インストラクターさんによって内容が異なります。自分のお気に入りのインストラクターさんを見つけて通うのがいいと思いますよ。

 

その他のホットヨガスタジオでインストラクターの質が高いと言われているのは、LAVAやヨガプラスです。

 

設備が充実している

ホットヨガに「溶岩」を使っているということはもちろん、ロッカールーム、パウダールーム、シャワールーム、アメニティなど、設備が充実しています。ホットヨガ教室の中では、トップクラスでアメニティが充実しているホットヨガ教室です。

 

シャワールームでボディソープやシャンプーが使えるというのも嬉しいですね。でも、溶岩ヨガで流した汗はサラサラで天然の化粧水のような効果があるので汗をシャワーで流さず軽くふくだけで帰る方も多いです。

 

LAVAの人気店舗だとシャンプーはボディーソープは断られることが多いので、すぐ汗を流したいという人には嬉しいですね!

 

あと、個人的にすごくいいな~と思ったのは、レッスンの30分前に教室が解放されて、そこで岩盤浴ができることです(笑) 本当に体がポッカポカになって、レッスンでも大量の汗をかくことが出来ました!!最初溶岩がすごく熱く感じるのですが、だんだん慣れてきます☆

 

プログラムが充実している

ララアーシャには20以上のレッスンがあり、自分の好みに合わせたレッスンを受講することができます。パワー系から美容系まであるので、気分に合わせてレッスンを受けることができます。

 

ホットヨガ教室によってはプログラムが少なかったり、レッスンの時間が限られていたりするのですが、ララアーシャは数も種類も豊富です。

 

ララアーシャの悪い点

レッスンが予約制

ホットヨガスタジオは、予約制のスタジオと、予約不要で行きたいときに行けるスタジオがあります。

有名どころでいうと、LAVAは予約制、カルドは予約不要です。

 

予約を取るのが面倒という方にとっては、予約制はデメリットですね。しかも、ララアーシャは少人数制で人気なので、予約制のホットヨガ教室の中でも予約が取りづらいホットヨガ教室だと感じました。LAVAでも前日は厳しくても2日前だと取れることが多かったのですが、ララアーシャは3日前には埋まることも多いんですって。逆に直前だと直前キャンセルがあるから予約しやすいらしいのですが、「明日行こうー!」と思っても参加しづらいホットヨガ教室です。

逆に予約制だと行けば必ずレッスンができるメリットともとらえることができます。

 

全体的に狭い

少人数のレッスンなので仕方がないのかもしれませんが、受付が狭い、スタジオが狭い、シャワーが少ない、といった口コミがありました。受付狭いやシャワー少ない派少人数なので当たり前かなと思います。そして、スタジオが狭いについては、私はララアーシャの良いところだと思っています。ララアーシャは部屋は狭いですが、一人当たりのスペースは充分取られていました。LAVAだと教室は広いですが、人も多いので、隣の人と手が当たって、気まずい思いをすることが多くのびのびホットヨガが出来ませんでした…。その点ララアーシャは、部屋は狭いですが、のびのびヨガを楽しむことができます!

 

それに、カルドのような大人数制のレッスンだと、

インストラクターの方の指導が行き届かない

人数に対してドライヤーをかける場所がないと言って不満が出てきます。

 

部屋が狭いというのは短所というわけではないと思いますよ。(ここ短所の欄のはずなのに擁護してしまった^^;)

 

店舗数が少ない

溶岩ヨガはとっても魅力的なのですが、ララアーシャは店舗数が9店舗と少ないです。ララアーシャに行ってみたいと思っても近くに店舗がないと行くに行けない!遠い溶岩ホットヨガに通うよりも、近くのホットヨガ教室に通った方が、正直長続きすると思います…。

 

これは、ララアーシャの店舗が今後増えることを祈るしかないですね。

 

最後に

いかがでしたでしょうか。

店舗数は少ないものの、設備もインストラクターの質も高いララアーシャ。

 

高い質に対して、料金がそこまで高くないのは嬉しいです。

評判も悪い点に比べて、いい点が多かったですね(  •’-‘•)و✧

岩盤浴好きの私としては、とても入会したいホットヨガスタジオです。

 

店舗数が少ないのは残念ですが、店舗が近いというラッキーな方は是非体験に行ってみてください。

 

 

関連記事(広告含む)


スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>