【厳選】オンラインヨガおすすめランキングTOP7

危険?ゼロカラYOGAの口コミと安い理由を徹底調査

  • 安い料金でRYT200を取得できる教室を探している
  • でも、安すぎると心配
  • ゼロカラYOGAがなぜこんなに安いのか気になる

という疑問に答えるページです。

ゼロカラYOGAは格安10万円代でRYT200を取得できる教室です。RYT200の取得にかかる料金の相場が30万円以上ですが、ゼロカラYOGAは半額以下。これだけ安いと「本当に大丈夫なの?」「なんで?」「講師の質は問題ない?」と心配になりますよね。

このページでは、ゼロカラYOGAの運営企業、安さの理由、講師の情報を調査して、本当に申し込む価値があるのかを調べてみました。

ゼロカラYOGAってどんなヨガ教室?

ゼロカラYOGAは全米ヨガアライアンス協会認定校で、オンラインでRYT200を取得することができます。

日本にスタジオはなくオンライン特化の教室にゃ。

にーこ

授業を担当するのはタイの首都バンコクにある日本人向けヨガ教室「SANSEED」の講師たちで、バンコクと言っても日本人の講師なので日本語で授業を受けることができます。バンコクと聞くと「大丈夫なの…?」と思うかもしれませんが、SANSEEDはバンコクで一番有名な日系ヨガ教室ですし、サイトもかなりしっかりしています。

SANSEEDの会社概要はコチラ。

社名ヨガスタジオ サンシード
所在地49 Soi Sukhumvit 24, Sukhumvit Rd., Klongton, Klongtoey, Bangkok 10110
メインの講師ヨガ指導歴10年以上のNanako先生
公式サイトhttps://sanseed.net/

\公式サイトを確認する/

ゼロカラYOGAのメリットはRYT200gが業界最安の料金設定

ゼロカラYOGAの最大のメリットは安い料金設定です。

RYT200の受講料で税込17万円(早割で12万円)とめちゃくちゃ安いです。

どのくらい安いのかを示すためにいくつか他のオンライン授業ありの学校の料金を載せておきます。

人気ヨガインストラクター養成校コース料金(税込)
YMCヨガスクール国内568,000円
オンライン348,000円
海外※渡航費は含まない330,000円~594,000円
アンダーザライト※書籍代は含まない各段ごとの支払い572,500円
一括支払い※ヨガ歴1年以上のみ499,999円
ヨガワークス国内507,100円(説明会当日の入会で484,000円)
オンライン398,000円
FIRSTSHIP国内(18カ月)627,000円(早割:530,000円)~657,000円(早割560,000円)
国内(12カ月)627,000円(早割:477,000円)~657,000円(早割507,000円)
オンライン348,000円(早割298,000円)

この通りどこも30万円以上します。これは大手の教室の料金をまとめたものですが、どれだけ知名度のないマイナー教室でも20万円代です。

これに対して、ゼロカラYOGAは12万円…!

こんなに安いと逆に不安という人もいますよね。なぜこんなに安いのか?理由を調べてみました。

関連 <比較表>オンラインでRYT200が取得できる養成校まとめ

ゼロカラYOGAの安さの理由

安さの理由は3つです。

 特徴だから安い!
1ヨガ講師が少人数で運営事務の人や受付の人がいないので、余計な人件費がかかっていません。
2スタジオの広告を行っていない広告費を抑えることで余計な出費を抑えています。広告をしなくても魅力的なポイントが多いので申し込む人がいるということだと思います。
3海外のスタジオを利用バンコクのスタジオを利用しているので、時差を使ってバンコクでは人が少なく日本人には人気の時間帯で安く講義をすることができます。さらに、もともとの現地のスタジオ代しかかかっていないのもポイント。
経費を抑えて、それを受講料に還元しているからここまで安いのにゃ。

にーこ

安さの理由がわかりやすく納得できるものなので安心できると思います。次は気になる講師について調べてみました。

講師の質は問題ない?

ゼロカラYOGAのオンラインの授業をメインで担当してくれるのはヨガの指導歴10年以上のNanako先生です。

Nanako先生は

  • 日本の大手のヨガ教室での勤務歴も長い
  • 大阪・奈良で自身のヨガスタジオを運営
  • 外部機関からの依頼でスタジオ運営やRYTのテキストの監修

も行っている方です。

出典:sanseed
ヨガの指導歴も経験も申し分ない先生にゃ!!

にーこ

2007年にルーシーダットン(タイ式ヨガ)を学んだことをきっかけに、ルーシーダットンの本場タイへの海外留学を通じて技術を習得。ルーシーダットンにおいては国内外の複数の関連機関公認の養成コースを修了。2013年以降、アジア各国をはじめヨガの本場であるインドへも留学する(定期的な海外でのヨガの技術、知識の習得は現在でも継続している)。

インドでは、世界初のヨガの学術研究所である「カイヴァリヤダーマ研究所付属カレッジ(※1)」にて、伝統的ヨガを、身体的・心理的・社会的・精神的の各側面から学術的に学ぶ。以降は学術的な研究にも取り組み、ヨガインストラクターのなかでも「研究者気質」な立ち位置を確立した。特に日本でのRYTの養成コースでは「理論的ながらも分かりやすく伝える技術」が受講生より高く評価され人気を博す。

帰国後には、武蔵野大学心理学部にて認定心理士の資格を取得。心理学を基盤に、心と脳への働きかけを生かしたヨガを意識するとともに、精神的緩和を目的としたメンタルヘルスケア講座にも注力。2017年にインド南部ポンディシェリの大学病院のヨガセラピー学科を訪問した際には、障害児向けにヨガを開講する同大学病院教授にインタビューを実施。加えて、同大学病院で開講する「ヨガセラピー」の授業にも参加や精神病棟も含め院内を見学するなど、メンタルヘルス分野での活動も積極的に行っている。

実務面では、奈良に自身のヨガスタジオを運営しながらも、大阪・奈良の大手ヨガスタジオで長期に渡り養成コースの講師を担当。リワーク施設、介護施設などでも活動している。子供向けヨガクラス、発達障がい児向けクラスなども行っており活動は多岐にわたる。外部機関からの要請に応じてRYT養成コースのテキスト、ヨガスタジオ運営の監修や、スクール事業のメンタルヘルスコンテンツにヨガの分野におけるアドバイザーも務める。

活動範囲は広範囲に渡り、以前には日本ではCADインストラクター、インターナショナルスクールでは幼児向け英語クラスを担当するなど、ヨガの域にとどまらない。

2019年10月よりヨガスタジオ「SANSEED」のディレクターに就任。

出典:sanseed

他の講師の方も、sanseedの採用ページを確認して「指導歴3年以上」という条件があったので、経験の浅い人はいなさそうです。

\公式サイトを確認する/

ゼロカラYOGAのデメリット

安い!講師の質も高い!というメリットがあることがわかりましたが、じゃあデメリットはないのか?次は他のインストラクター養成校と比べてここがちょっと気になるという点をまとめました。

オンラインの授業のみで対面授業はなし

オンライン授業に特化した教室なので対面授業はありません。そのため直接体の状態を見てもらい指導を受けることはできないです。

これはオンライン授業ということ自体が安さの理由にもなってるから仕方ないかにゃ。

にーこ

にかこ

オンラインだからこそ家から直接授業を受けれる、遠い教室にわざわざ通わなくてもいいというメリットにもなります。

もし対面で授業を受けたいという方は下のページに各地域のヨガ教室をまとめたので読んでみてください。

関連 ヨガ資格を短期で安く取得できる教室【東京・大阪・愛知・福岡】

RYT200のみで上位資格は取れない

全米ヨガアライアンスはRYT200の他にも、

  1. マタニティヨガ
  2. キッズヨガ
  3. RYT500

の合計4つの資格があります。

大手のヨガインストラクター養成校だとRYT200を取ったら次はステップアップしてRYT500を!という方法もできますが、ゼロカラはRYT200のみなのでRYT500やマタニティヨガの資格を取りたい場合は別の養成校を探す必要がでてきます。

そして多くのヨガインストラクター養成校は出身校以外の人がRYT500の資格を取るコースに申し込む場合、ブリッジプログラムという追加の授業(数万円のお所が多い)に申し込まなければなりません。

受講者が少なく口コミがわからない

RYT200は元々対面授業のみと資格を出している全米ヨガアライアンスが定めていましたが、コロナにより2019年から2023年はオンラインの授業も認められるようになりました。

元々授業を担当しているSANSEEDがバンコクでSANSEEDのRYT200のオンライン授業が始まったのも2021年ということもあり、日本での資格取得者が少なすぎてTwitterやInstagramで口コミが見つけられませんでした。

後ろに公式が出してくれている受講者の口コミは載せていますが、卒業生のリアルな声を探すのが難しいというのが現状です。

ただ、指導実績は600人なので少なくはないにゃ。

にーこ

出典:ゼロカラYOGA

就職サポートがない

RYT200が取得できる日本の大手のヨガスタジオはどこも就職サポートが手厚いです。

就職サポートの内容はスタジオによって異なりますが、例えば

  • 面接練習が無料で受け放題のところ
  • スポーツジムやヨガスタジオの書類選考が免除になるところ
  • 開業したりやフリーランスとして働くためのモデルを学べるところ

などなど。

日本でヨガインストラクターとして働くために準備する環境が整っています。

対して、ゼロカラYOGAはそういったサポートはゼロです。

ヨガの知識は学べますが、書類選考の書類の準備や面接の練習は自分に行う必要があります。

就職サポートが手厚いヨガインストラクター養成所としてはYMCメディカルトレーナーズスクールやファーストシップが有名です。

にーこ

関連 YMCメディカルトレーナーズスクールの口コミとデメリット ⇐大手のヨガインストラクター養成校で特に評判がいい

関連 ファーストシップの口コミとデメリット

【口コミ評判】ゼロカラYOGAの卒業生の声

次はゼロカラYOGAの卒業生の声を集めてみました。

良い口コミ・評判

特に講師のNanako先生の評判がいいです。

出典:ゼロカラYOGA
出典:ゼロカラYOGA

悪い口コミ・評判

悪い口コミは特に見つけられませんでした。

ゼロカラYOGAが合う人・合わない人

合う人
合わない人
  • 安い価格でRYT200を取得したい人
  • オンラインで授業を受けたい人
  • 対面で授業を受けたい人
  • 就職サポートをしてほしい人
  • 日本の知名度の高い養成校で授業を受けたい

まとめ

ゼロからヨガのメリット・デメリット・口コミをまとめました。

めちゃくちゃ安い料金に対して、デメリットが少ない教室だと思います!先生の評判もいいですし、安い料金でRYT200を取得したい人にとっては全然選択肢としてアリではないでしょか。

\公式サイトを確認する/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です