ホットヨガのデメリット3選!やりすぎると体調を崩す?

悩む

メリットが多いと人気のホットヨガですが、そんなホットヨガにもデメリットはあります。

ホットヨガには興味はあるけど、「ホットヨガで体調不良になった」という噂を聞いた…。

はい。ホットヨガもやり方が悪いと体調を崩します。

※最初から向かない体質の人もいます。サウナや岩盤浴に入っているだけで気分が悪くなる方はホットヨガはやらない方がいいです。

ホットヨガは高温多湿の室内で行う運動です。

負荷の高い環境で運動しているのですから、体調管理にはくれぐれも気を付けなければなりません。

ホットヨガは正しく実施すれば心も体も健康になれますが、無理をすると逆に健康を害してしまいます。

今回は、ホットヨガのデメリットに焦点を当ててみましょう。

ホットヨガのデメリット

デメリット1:温度差で体に負荷がかかる

冷房病やクーラー病と呼ばれる病気をご存知でしょうか。

冷房病とは、夏場にクーラーの効いた部屋と、暑い外を行き来することで起こる体調不良です。この体調不良には、頭痛、肩こり、むくみといった症状から、ひどくなると気持ち悪くなり嘔吐してしまうことまであります。

この症状の原因は、極端に温度の違う空間を行き来することで起こる、体温の調節や発汗を促す自律神経が乱れです。

極端に温度の違う空間の行き来というのは、ホットヨガでも起こります。

毎日毎日何レッスンも実施すると、逆に体調を崩してしまう可能性があります。

ホットヨガのインストラクターの方でも一日に何レッスンも行い、体調を崩してしまう方もいるそうです。

もしホットヨガに通っているのに最近体調が悪いな…と思ったら、ホットヨガに通いすぎていることが原因かもしれません。

人によって体調を崩す頻度は違うので、体調が悪い時は頻度を減らしてみましょう。

ホットヨガのデメリット2:脱水症状や熱中症の危険性

そもそも日本体育協会のサイトには、熱中症の予防について以下のように記載されています。

気温35℃以上では運動は原則中止:特別の場合以外は運動を中止する。特に子供の場合は中止すべきである。

出典:日本体育協会

ホットヨガの室温は39度前後

熱中症にかかる可能性があります。

対策としては水分をこまめに取るようにしてください。

特に「喉が渇く」と思ったら要注意。

脱水症状が進行している可能性があります。

インストラクターの方もお水を飲んでくださいと言います。

これは、熱中症や脱水症状を避けるためです。

ダイエット目的の方の中に、水を飲むと体重が減らないと思っている方もいます。

この考え方は大変危険です。

水を取らずにホットヨガを実施することは健康に悪い。

水を取らないリスクを考えて、必ず水を取るようにしてください。

 デメリット3:体を痛める可能性

高温多湿で体が柔らかくなりやすいからといって、無理な体勢を取ると体を痛めることがあります。

世界中の医療関係者が、暑い環境(室温40度)で筋肉を酷使することについて警鐘をあげています。

そのような環境では、筋肉と靱帯 が限界以上にひきのばされる危険性があり、傷付ける可能性が高いのです。

出典:http://www.yogapoint.com/info/article9.htm

体の柔軟性はすぐには上がりません。

痛いと思ったら、無理をせずに自分ができる範囲でポーズを取りましょう。

ホットヨガでは、がんばりすぎないことが大切です。

ホットヨガが向かない人

デメリットどうこうの前に、そもそもホットヨガに向かない人もいます。

サウナや岩盤浴で体調が悪くなる人

ホットヨガも、サウナや岩盤浴のように高温多湿の環境です。

高温多湿の環境で気分が悪くなる方は、ホットヨガはやめた方がいいです。

ヨガに興味があるなら、普通の室内ヨガにしましょう。

ホットヨガを体験して便秘になる人

汗をたくさんかく人に多いんですが、ホットヨガで便秘になる人がいます。

これは大量の汗をかくことで、体内の水分が少なくなってしまうからです。

レッスン中に飲む水を増やすか、飲む水を増やせない場合は、普通の室内ヨガにした方がいいです。

頭痛や倦怠感がある人

これはホットヨガを試してみないとわからないのですが、ホットヨガで頭痛や倦怠感を感じる人がいます。

水分をしっかりとっているのに、頭が痛い、、、だるい、、、となるのであればホットヨガはやめた方がいいですね。

この場合は試してみないとわからないです。

ホットヨガを経験したことが無い人は必ず体験に行くようにしましょう。

LAVAは最大手で安心なのに、1000円で体験できるからおすすめです。

最後に

メリットの多いホットヨガですが、やりすぎややり方によっては健康を害する可能性があります。

ホットヨガにもデメリットがあることを理解して、正しく取り組みましょう。

  • やりすぎない
  • 体調不良かも?と思ったら無理せず休憩のポーズを
  • 休憩のポーズでも回復しない場合は退室を
  • 水はこまめに飲む

最後までお読みいただきありがとうございました。

今なら、ホットヨガを1000円で体験できます☆

自分に合ったスタジオをチェック!
LAVA:最大手のホットヨガスタジオ。レッスンの質が高い。
カルド:大手のホットヨガスタジオ。とにかく料金が安く、設備もGood。



おすすめ:LAVA(ラバ)とカルドを徹底比較!料金や口コミや悪評もチェック

関連記事(広告含む)


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする