ホットヨガのデメリット3選!やりすぎると体調を崩す?

悩む

メリットが多いと人気のホットヨガにもデメリットはあります。

 

ホットヨガは合う合わないが大きいので、ホットヨガのやりすぎで体調不良になったという人もいれば、最初から向かない体質の人もいます。

おすすめ記事:ホットヨガはサウナや岩盤浴が苦手でも大丈夫?

 

ホットヨガは高温多湿の室内で行う運動です。

ホットヨガは正しく実施すれば心も体も健康になれますが、無理をすると逆に健康を害してしまいます。

今回は、ホットヨガのデメリットに焦点を当ててみましょう。

 

ホットヨガのデメリット

デメリット1:温度差で体に負荷がかかる

冷房病やクーラー病と呼ばれる病気をご存知でしょうか。

冷房病とは、夏場にクーラーの効いた部屋と、暑い外を行き来することで起こる体調不良です。この体調不良には、頭痛、肩こり、むくみといった症状から、ひどくなると気持ち悪くなり嘔吐してしまうことまであります。

 

この症状の原因は、極端に温度の違う空間を行き来することで起こる、体温の調節や発汗を促す自律神経が乱れです。

 

極端に温度の違う空間の行き来というのは、ホットヨガでも起こります。

毎日毎日何レッスンも実施すると、逆に体調を崩してしまう可能性があります。

ホットヨガのインストラクターの方でも一日に何レッスンも行い、体調を崩してしまう方もいるそうです。

 

もしホットヨガに通っているのに最近体調が悪いな…と思ったら、ホットヨガに通いすぎていることが原因かもしれません。

人によって体調を崩す頻度は違うので、体調が悪い時は頻度を減らしてみましょう。

 

ホットヨガのデメリット2:脱水症状や熱中症の危険性

日本体育協会のサイトには、熱中症の予防について以下のように記載されています。

気温35℃以上では運動は原則中止:特別の場合以外は運動を中止する。特に子供の場合は中止すべきである。

出典:日本体育協会

 

 

ホットヨガの室温は39度前後

熱中症にかかる可能性があります。

 

対策としては水分をこまめに取るようにしてください。

特に「喉が渇く」と思ったら要注意。

脱水症状が進行している可能性があります。

 

インストラクターの方もお水を飲んでくださいと言いますよね。これは熱中症や脱水症状を避けるためです。

 

ダイエット目的の方の中に、水を飲むと体重が減らないと思っている方もいますが、この考え方は大変危険です。

 

水を取らずにホットヨガを実施することは健康に悪いです。

水を取らないリスクを考えて、必ず水を取るようにしてください。

 

 デメリット3:体を痛める可能性

高温多湿で体が柔らかくなりやすいからといって、無理な体勢を取ると体を痛めることがあります。

 

世界中の医療関係者が、暑い環境(室温40度)で筋肉を酷使することについて警鐘をあげています。

そのような環境では、筋肉と靱帯 が限界以上にひきのばされる危険性があり、傷付ける可能性が高いのです。

出典:http://www.yogapoint.com/info/article9.htm

 

体の柔軟性はすぐには上がりません。

痛いと思ったら、無理をせずに自分ができる範囲でポーズを取りましょう。

ホットヨガでは、がんばりすぎないことが大切です。

 

デメリット4:汗のかきすぎでミネラル不足に?

沢山汗をかくことでデトックス効果があるホットヨガですが、毒素と一緒に体に必要なミネラルまで流れてしまうことがあります。

特に始めたばかりの人は汗の質が悪く、残しておかなければいけないミネラルまで流れて、ミネラル不足になる人もいます。

 

ミネラルが不足すると、めまいがしたり、貧血になったりと、ふらふらになってしまいます。

サウナとかでふらふらになってしまう人がいますが、体の中のミネラルまで流れているのかもしれません。

 

最近は、ミネラルも補給できるホットヨガとして溶岩ホットヨガというものもあります。
溶岩ヨガとは?ホットヨガとの効果の違い

 

ホットヨガが向かない人

デメリットどうこうの前に、そもそもホットヨガに向かない人もいます。

 

サウナや岩盤浴で体調が悪くなる人

ホットヨガも、サウナや岩盤浴のように高温多湿の環境です。

高温多湿の環境で気分が悪くなる方は、ホットヨガはやめた方がいいです。

ヨガに興味があるなら、普通の室内ヨガにしましょう。

 

常温ヨガが充実しているのはヨガプラスですね。ローホットヨガという温度も湿度もホットヨガよりも低めなレッスンもありますよ。

プラス数百円でピラティスも受けれたりします。

ヨガプラスの特徴

 

ホットヨガを体験して便秘になる人

汗をたくさんかく人に多いんですが、ホットヨガで便秘になる人がいます。

これは大量の汗をかくことで、体内の水分が少なくなってしまうからです。

 

レッスン中に飲む水を増やすか、飲む水を増やせない場合は、普通の室内ヨガにした方がいいですね。

 

頭痛や倦怠感がある人

これはホットヨガを試してみないとわからないのですが、ホットヨガで頭痛や倦怠感を感じる人がいます。

 

 

一時的な体調不良の場合、ホットヨガの好転反応(体が正常な状態に戻る過程で一時的に体調が悪くなる)の可能性もありますので一概には言えませんが、水分をしっかりとっているのに、頭が痛い、、、だるい、、、という症状が続く場合、ホットヨガが合っていない可能性があります。

好転反応の可能性もあるので、是非確認してみてください。

ホットヨガの好転反応の症状や期間は?眠気や頭痛ニキビも

 

最後に

メリットの多いホットヨガですが、やりすぎややり方によっては健康を害する可能性があります。

ホットヨガにもデメリットがあることを理解して、正しく取り組みましょう。

  • やりすぎない
  • 体調不良かも?と思ったら無理せず休憩のポーズを
  • 休憩のポーズでも回復しない場合は退室を
  • 水はこまめに飲む

 

ホットヨガを経験したことが無い人は必ず体験に行ってから入会するかを決めましょう。

どのスタジオも1000円~3000円と格安で体験できますよ

<公式サイト集>

  • LAVA:店舗が多く通いやすいスタジオを探しやすい。レッスンが丁寧で初心者にも人気。温度・湿度はレッスンによるが平均的。
  • カルド:料金が安いうえに、設備もしっかりしている。私はカルドに通っている。温度と湿度は高め。
  • YOGA PLUS:常温ヨガが充実している。男性でも通いやすい。温度と湿度は低め。
  • BIKRAM YOGA:ストイックで本格的なホットヨガが楽しめる。男性でも通いやすいが店舗が少ない。湿度はそうでもないが温度は高め。
  • ララアーシャ:溶岩ホットヨガが楽しめると人気。少人数制なのも嬉しいが、関東にしか店舗がない。温度・湿度はレッスンによるが平均的…のはずだが、私が体験レッスンに行ったときは温度も湿度も高めだった。レッスン前の岩盤浴で体が温まったのかもしれない。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

 

 

関連記事(広告含む)


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>